静岡県保育所連合会 HOIKU SHIZUOKA
ホーム 県保連概要 活動内容 お知らせ ほいく静岡  

求人情報
 

最終更新日: 2016年9月

東部私立中部私立西部私立公立(全域)市町担当課連絡先 PDF
静岡県保育所連合会では、県内保育所の「求人情報」を掲載しております。
情報は、私立東・中・西の各地区、公立(全域)別となっておりますので、就職を希望される方は、
各「求人情報」を確認の上、詳細については各保育園、行政機関の担当課と直接ご相談ください。
公立(全域)より「市町子育て関連情報ページ」にリンクしています。
 

ご挨拶
年頭所感 静岡県保育所連合会会長 後藤 弘明

「私には夢がある」これはキング牧師の言葉ですが、自分の言葉に置き換え、続けるとしたなら、「すべての子どもが、すべての大人から、大切にされ、愛される存在になるような社会であったなら」との思いである。

今から、十数年前、県保連の委員会に少子化対策委員会が設置されたとき、ポスターが製作され、各園や関係機関に配られたが、そのポスターは、シンボルマークが、大人が子どもを抱きかかえ守っているようなデザインに、「あなたは今幸せですか」というロゴが記され、副題には「みんなで子育て、夢育て」というすてきなポスターでした。ロゴには、日本の孤児の父といわれた石井十次さんの言葉で、子どもにとって一番大切なことは何ですかという質問に対して、「幸せな大人の隣にいること」という回答から引用され、デザインや標語は県内の保育士さんから応募をいただき採用されたものでした。昨年度、全国の児童相談所で受け付けた虐待件数は、88,931件で過去最高となり、県内でも2,132件と大幅に上昇したといいます。この国はいつから、こんなに子どもに無関心な国になってしまったのかと悲しくなります。

今、私のお気に入りの番組に「下町ロケット」というドラマがあります。これは中小企業の製造部品メーカーが、厳しい経済活動競争の中で、社長を中心に、夢を持って、確かな技術力と高品質な製品作りにプライドを持ち大企業に立ち向かっていくという物語なのですが、これは保育の世界でも重なるところがあるのかなと思ってみています。

少し乱暴な言い方かもしれませんが、保育の現場では、輝かしい未来への可能性を秘めた原石である子どもたちに対して、正しい保育力を持って、少しずつ磨き上げ、確かなる自己肯定感を備えつけ、卒園させるということになるのかもしれません。そして、その仕事を続けるためのモチベーションは、子どもの育ちに対する夢が原動力なのです。

静岡県保育所連合会では、研修の質と量を向上させていく計画です。今後とも、県保連の活動に対しまして、会員各位のご理解とご協力を賜りますようお願いたします。

 


PAGE TOP
  (c) 2005 Shizuoka Preschool Federation. All rights reserved.  
ホーム ホーム