静岡県保育所連合会 HOIKU SHIZUOKA
ホーム 県保連概要 活動内容 お知らせ ほいく静岡  

求人情報
 

最終更新日: 2017年1月

東部私立中部私立西部私立公立(全域)市町担当課連絡先 PDF
静岡県保育所連合会では、県内保育所の「求人情報」を掲載しております。
情報は、私立東・中・西の各地区、公立(全域)別となっておりますので、就職を希望される方は、
各「求人情報」を確認の上、詳細については各保育園、行政機関の担当課と直接ご相談ください。
公立(全域)より「市町子育て関連情報ページ」にリンクしています。
 

ご挨拶
年頭所感 静岡県保育所連合会会長 後藤 弘明
新年 明けましておめでとうございます。旧年中は、県保育所連合会の各事業につきまして、皆様のご理解ご協力をいただきましたことを感謝申し上げます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 さて、昨年は、「保育園落ちた、日本○○」に象徴されるように、待機児童問題に伴う新設園の増加や、そこで働く保育士確保の問題など様々な保育の課題が浮き彫りとなりました。

 こうした「現象」を考えるとき、その反対語である「本質」も考えてみる必要があると思います。

 確かに女性の社会進出や就業人口の減少により主婦層の就業が求められていることもありますが、待機児童の年齢層は0、1、2、歳児が主であり、3歳以上は恐らく待機などしなくても入所できるのではないでしょうか。

 入所の不安から、せっかくの育児休業を前倒しで終了し、入所申請をすることは育児の本質からすると違うような気がします。国が喧伝する「ワークライフバランス」ではなく、「ライフワークバランス」が本質であってほしいと思います。

 親は、子どもが生まれたからと言って自動的に親になるのではなく、子育ての中で、不安や失敗を重ねて、少しずつ親になっていくのだと思います。

 子供と一番向き合わなければならない乳幼児の時こそ、親として成長する時期なのかもしれません。

 実はこの原稿は、12月に寄稿していますので、来年のことを言うと鬼が笑うかもしれませんが、「笑い」は人の心を和ませます。皆さんも赤ちゃんが目を閉じたまま微笑むところを見たとき、思わず笑顔になることと思います。笑いを学術的に表現すると、主体が対象を取り込むことを認めたときに出る生理心理的な反応で、新生児に認められる微笑反応は、乳児が養育者を引き付けておくための生得的な生命維持のための行動ともいわれます。人間の赤ちゃんは一年未成熟の状態で生まれてきますので、身近な人に100%依存しなければ生きていけません。そのために、自身が愛されたり好かれたりするようにプログラムされているとも言われています。

 まさに、IQより愛嬌が大切なのです。家庭の中での子供の笑顔は周囲を和ませ、幸福感を満たしてくれます。そしてそれを見た大人も思わず微笑み返しをするのです。何より子どもの笑顔に出会える家庭は、子どもが心からくつろげる家庭であり、幸せを感じている証拠でもあります。そしてなによりもお金を掛けずに幸福になれるのですから、今年一年が、私たちの周りの子ども達のたくさんの「笑い」に出会える年にしたいものですね。
 


PAGE TOP
  (c) 2005 Shizuoka Preschool Federation. All rights reserved.  
ホーム ホーム